2019年1月22日 (火)

また削減・・・障がい者の働く機会を奪わないで

共産党新座市議団は、以下の要望書を提出しましたdiamond数日前に情報が寄せられました。新座市はずっと前から、憩いの森等の公園清掃を市内の3つの障がい者施設に委託していました。1年ごとの契約ですが、来年度は休止するというのです。


まだ決定はされていません。障がい者の社会参加を後押しする、大事な機会を市は奪うべきではありません。月に1か所、2万円の予算は、主に利用者の工賃です。公園などの清掃業務で、2時間700円の工賃が支給されていました。ささやかな、でも、社会に出る、大きな一歩を後押しする事業を本当にやめてしまうのでしょうか。

「財政難」のもとに、知らないうちに、市民の、特に障がい者、高齢者に関わる福祉、制度が次々に削減されようとしています。

継続させるよう働きかけていきます。

新座市長 並木傑様

   2019122

                   日本共産党新座市議団団長 笠原進

 

  

 

 要 望 書

 

 

障害者優先調達推進法により、憩いの森、野寺親水公園11か所の清掃業務を市内障がい者施設3施設に委託していますが、来年度は「財政の問題」により休止するとお聞きしました。

 

新座市は埼玉県内で一番最初に「ともに暮らすための新座市障がい者基本条例」を制定しました。第1条の目的は、『障がい者の自立及び社会参加を促進し、障がいのある人もない人もわけ隔てられることなく互いに人格と個性を尊重しあいながら共に暮らすことができる地域社会の実現に寄与する』とされています。

 

1か所につき月2万円の委託料は、主に工賃として支払われているものです。障がい者にとって就労することは切なる願いであり、そのための社会参加を後押しする大事な予算です。来年度休止することは、「ともに暮らすことができる地域社会の実現」に逆行しています。当事者や家族、支援者は「働く機会が奪われる」と、とても不安になっています。

 

清掃業務委託を来年度も継続し、障がい者が働く機会を守ってください。

2019年1月16日 (水)

「JFAこころのプロジェクト」視察

JFAこころのプロジェクト『夢の教室』を視察させていただきました。現役、OBのアスリートが『夢先生』として小学生に、自分の体験を通じて夢を持つこと、仲間の大切さなどを伝えてくれる事業です。
今回視察した夢先生は、アイスホッケーの菊池沙都さん、女子サッカーの筏井りささん。


49556687_1565914986885221_288184153


1時間めは体育館で体を使って、作戦を考えより早くゴールできるようにみんなで協力するゲーム。2時間めは教室に戻り菊池選手の講演。頑張って良かったこと、うまくいかなかったことや辛かったこと、その時に支えられたこと、みんなに大事にしてほしいこと等、飾りのない、まっすぐなメッセージに生徒のみなさんも真剣に聞き入っていました。

私にとっても心に残る体験になりました。



50480761_1565916330218420_316463320


みんなで作戦会議。どうやったらボールをはやく回せるかなeye


50088512_1565915330218520_821054489

菊池先生の講演。アイスホッケーは40秒ごとにメンバーが入れ替わり、ゴムでできたポッケは時速160kmも出るんだそうです。体当たりの競技でケガもしました、、とクイズを交えて子どもたちも食い入るように聞いていました。

2019年1月12日 (土)

改めて、toitoitoiおしゃべりカフェのお知らせ★『議員のトリセツ』

ステキなチラシができました。

『議員のトリセツ』

市議会議員て、とっても身近な存在なのに、とても遠いです。

多分、議会か、イベントに来賓で参加している姿ばかりを見るからではないでしょうか。

議員はどんな仕事なのか、自分たちにとってとんな役に立つのか、「議員」」をどう活用したらいいのか、ぜひ知ってほしいし、活かしてほしくてこんなテーマにしました。

今回は前衆議院議員であり、参議院比例候補の梅村さえこさんがゲストです。市政と国政の違いや、つながりも面白いと思います。

おしゃべりカフェなのでcake、近所のママ友がロールケーキを作ってくれます。

とってもおいしいですdeliciousご期待くださいsign03

「___________.pdf」をダウンロード

新座市の市民サービスの継続を求める署名スタート

先日もお伝えした市の10事業市民サービス削減の提案をうけて、社会保障推進協議会は署名行動を開始しました。
Img_1792


このサービスの削減がどれほど非情なものか、にいざ民報に記事が寄せられました。紹介します。

「私は83歳になり、薬を何種類も飲んでいますが、現在、要介護5の妻をかれこれ14年、自宅で老老介護しています。重度要介護高齢者手当とおむつ代の助成、介護保険の利用料助成を受けていますが、年金が下がる通知が来るたびにギョッとして、毎日薄氷を踏む思いで暮らしています。
訪問看護の利用料は1ヶ月約8千円ですが、半額助成から4分の1助成になると、1・5倍の1万2千円に負担が増えてしまいます。重度要介護手当とおむつ代の助成は、住民税非課税の人も1ヶ月1万円を8千円と7千円に減らすとはひどいです。我が家の出費は9千円も増えてしまいます。特におむつ代は、今でも1万円の助成金では足りません。毎日のことなので本当に困る人がたくさん居ると思います。助成金を超える分は安売りのホームセンターで買おうか、真剣に考えないといけないです。でも質を落とすと布団が汚れるし、本当に困った。それに今はまだバイクで買いに行けるけれど、バイクに乗れなくなったらどうしよう。胃ろうや痰の吸引もしているし、特養老人ホームはなかなか入れません。ましてや有料老人ホームは1ヶ月23万円もかかるとか、とても入れません。妻の顔を見るたび元気な頃を思い出してかわいそうになります。市は、こういう年寄りを狙い撃ちにするのでしょうか」
(野寺4丁目 渡辺さん)

市民サービスを守るには、市民のリアルな声をたくさん集めて伝えることです。


〇昨年は国保税7年連続で一人当たり5000円の値上げが計画されていましたが、「国保値上げ反対」の署名を8000人分集め市長に提出しました。
1年目は自民、公明党などの賛成で値上げされてしまいましたが2年目は「値上げしない」と市長も言っています。たくさんの人が署名をした成果です。

久しぶりのウクレレ小組

久しぶりに新婦人のウクレレ小組に参加しました。
私は前職からウクレレが好きで、それをみんなでやりたくてウクレレプログラムをつくり、精神障碍者のリハビリに使ってきました。
市議になってから新婦人・ウクレレ小組を立ち上げましたup
Img_1781
今回は『青い空は』『上を向いて歩こう』を演奏しました。みなさん、とっても上達していて感激でした。コツコツと練習した成果ですねhappy01


春の発表に向けて、一生懸命練習しています。

Img_1788_2

2019年1月 7日 (月)

2019年が明けました!toitoitoi企画のおしらせ。

明けましておめでとうございます。


本年もよろしくお願いいたしますdiamondブログをお読みくださりありがとうございます。

いよいよ始まりました、2019年。今年は忙しくなりそうですdash



まずは、4月の埼玉県議会議員選挙club   7月の参議院議員選挙up





Img_1759
1月6日は議員団中心に16人で、消費税10%NO!署名に取り組みました。この横断幕は
私が作りました。


議員になって初めてのいっせい地方選挙で、何がなんやら、ついていくのにも必死ですが。
住みよい新座市のためには、埼玉県の、国の政治が良くならなければ、、と思います。




Img_1741
群馬県の実家の近くの浅間山です。本当にきれいでしたheart02


新年早々のご案内ですhappy01
第4回 toitoitoi☆おしゃべりカフェ

『 議員のトリセツ☆ 』

 〜 議員さんてどんなことしてるの!? 実はとても身近な存在だった!?  〜

■ 日時 2月3日 (日)13:30〜16:00

■ 場所 にいざほっとぷらざ 3F 会議室1 ( 新座市東北2-36-11

■ 内容 ・国会議員/市議会議員のトリセツ

    ・消費税、くらしのこと

    ・身の回りのおしゃべり、交流

 

* 保育士さん付きでの保育室も用意しています。
  お子様連れの方も是非ご参加ください。

< 主催 > toi toi toi

< 申込 > 辻 実樹  TEL  090-8515-2603  / メール  tumiki9@softbank.ne.jp

 

* * * * * * * * * * * * * * 

今回は参議員候補の梅村さえこさんをゲストにお呼びして議員の仕事についてや、議員を通して私たちの声を政治に届けることで、変えられることがあることなどをお話していただきます。梅村さえこさん、そして現職の市議会議員も参加しますので、国会議員・市議会議員の仕事と私たちの生活との関わりについて知るいい機会になるのではないかと思います。

他にも消費税のこと、いまのくらしのことなど参加者からの質問・感想など交えながら気軽にお話できる場になればと思います。
また美味しいロールケーキも用意する予定ですので、疲れたらおやつをほおばりながら楽しくお話しましょう ♪

お子様連れも大歓迎です ♪

2018年12月25日 (火)

3000万人署名行動

にいざ革新懇の定例宣伝に参加しました。
大勢でやるとにぎやかで、通る人々の反応も良く感じます。


Img_1703

大先輩の隣で演説するのは、プレッシャーになりますが、、、
こんな時も、ありますね。

70年以上戦争のない日本を守ってくれた憲法9条、平和な社会を、これからの世代に引き継いでいきましょう。3000万人署名にご協力くださいhappy01



Img_1704

2018年12月23日 (日)

最近の、美味しいものたくさん

親友Eとの久々の再会、鎌倉のこじんまりした素朴なお店でランチしました。
Img_1652

児童センターでみんなで焼き芋大会club  さつまいもは、ほくほく!甘~い!おいしい~!と歓声があがりました。パパさんが持ってきてくれたマシュマロを焼いて食べました。


こんな風に焚火ができる場所は貴重ですねflair

Img_1668


娘とパン屋さんでおやつ食べましたhappy01


Img_1683

日本共産党後援会企画★工藤かおるさんを囲んで。

みなさんが、お手製の一品持ち寄りごはんup


Img_1686
工藤かおる市議は来年4月の県議会議員選挙に挑戦します!!


県議選勝利に向けて、みんなで心ひとつにsign03
楽しく美味しく、いただきました。お料理についても大変勉強になりましたwink



Img_1685

新座市 10事業の見直し、削減

以下、にいざ民報からの転載です。

12月17日、12月議会の終了後に全員協議会が開かれ、「市の財政状況が悪いため、来年度から以下の10事業を見直ししたい」という説明がありました。その10事業は難病患者見舞金を2万円から1万円に、寝たきり高齢者おむつ代助成を1万円から8000円になど高齢者や障がい者の福祉サービスがほとんどです。市はこれで「来年度6770万円の効果額を見込んでいる」と説明しました。

 

共産党市議団は①一番支援を必要としている弱者の福祉サービスだ。②大型事業の見直しはまるで行っていない。③市の財政状況は決して悪くはないと意見を述べました。議会が終わった後に突如提案し、該当する市民に知らせることもなく、議会で審議も出来ずにサービスを削減するなど、とても認められません。共産党は市民の皆さんとこの無慈悲なサービスカットに反対していきます。

新座市が福祉サービス削減を提案 事務事業の見直し案

2018年12月16日 (日)

放課後児童保育室の指定管理者、選定評価点

以下、にいざ民報12月16日号の転載です。

10月30日に平成30年度第3回新座市指定管理者選定委員会が開かれ、下の表1のように候補者が選定されました。11小学校の放課後児童保育室は、新座市社会福祉協議会(以下社協という)を指名で選定し、6小学校は公募でシダックス大新東ヒューマンサービス株式会社(以下シダックスという)を選定しました。(表1参照)期間はいずれも5年間です。

 

日本共産党新座市議団は情報公開請求で、当日の会議録と資料を入手しました。「公にすることにより、法人の権利、競争上の地位その他正当な利益を害するおそれがあるため、開示しない」として多くの箇所にスミが塗られわからないことが多い資料ですが、判明したことをお知らせします。

 

放課後児童保育室の設置目的についてのヒアリング質問では、社協は「保育室は、放課後に就労により保護者が不在となる子どもたちの放課後の遊び、生活の場である、家庭的な雰囲気を持たせながら、運営に当たりたい。本協議会は利益を求めて運営する団体ではなく、保育室における効率重視の利益優先な運営はしない。保育の質は児童を見守る支援員の数であると考えていることから、支援員の確保にも努めたい。」と答えています。

 

審査は事業計画書、プレゼンテーション及びヒアリングの内容に基づき、部会の各委員が採点を行い、その合計の平均点を評価点として算定しています。社協の採点結果は表2の通りです。市が定めた基準額は3億3118万3千円(5年間の平均額)でしたが、社協の申請額は3億3406万円でした。

 

シダックスは、「保護者の就業等により放課後に自宅で過ごすことができない児童のためという部分に関して、児童に対して、運営方針に掲げた健全育成プログラムと学習支援と生活支援を行いながら、健全育成を図りたい。また、会社として掲げる第2の家庭としての放課後児童保育室を運営していきたい。」と説明。

 

市の「民間事業者が学童保育を担うことへの保護者の不安の声があること、保育の質の維持に必要なものは何か」との質問に対し、シダックスは「大きくは変わらないということを目標にしている。支援員、開室時間、保育料、伝統的に実施していた遊びなどが変わらないことが大切である。しかしながら、その運営の中で、安心・安全が担保されていない遊び等事故の発生の恐れもあるので、その部分についてはしっかりと見直していきたい。また、民間になったから指導員が減る、外遊びを実施しないなどの誤解があるので、しっかり説明していきたい。」と答えています。

 

Aグループ(西堀・新座)Bグループ(東北・東野)C(野火止・新開)に分けて審査され、各グループにそれぞれ3社が応募しましたが、いずれもシダックスの採点が一番高かったとして全てシダックスが選定されました。それぞれの採点結果は表3の通りです。各グループの市の基準額とシダックスの申請額は表4の通りです。

 

シダックスの放課後児童保育室の運営実績は、全国で380件、埼玉県内では白岡市、川口市、北本市、東松山市の4市で20件の運営を担っています。また、県内の類似施設も15施設運営していることから、蓄積されたノウハウを生かした管理運営が期待できることから選定したと執行部は語っています。

表1 選定委員会の選定結果
表2 社協の採点集計
表3 シダックスの採点結果 表4 市の基準額とシダックスの提案額

«埼玉県PTA研究大会IN秩父