2017年9月18日 (月)

9月15日

体育祭の時の写真をママ友が送ってくれましたnote
こんな風に来賓のみなさんと並んで、大きな声でひとことづつ話します。
「頑張ってください!」「応援してます!」などそれぞれの言葉で。
なんだか気恥ずかしいもので、もじもじしちゃいますcatface
Img_7519_2
体育祭の後、16時から新座駅で、学童保育の会で署名行動が行われました。
支援員の処遇改善、欠員の解消や、大規模狭あい化の解消のため計画的に増設してほしいという趣旨です。
 
支援員や保護者、その子どもたち総勢20名くらいの参加でにぎやかなアピールになりました。1時間で108筆寄せられました。Img_7516_2
 
未来の担い手、子どもたちの健やかな成長を育む支援員の処遇改善は喫緊の課題です!
Img_7512
 

2017年9月17日 (日)

中学校の体育祭

新座中学校の体育祭に参加させていただきました。
 
来賓として拝見させていただくのと、保護者として応援するのと、両方大事な私の任務ですcat
朝から息子のお弁当作りriceball
写真がないのは残念ですが、中々な出来栄えでしたhappy01
Img_7507_2
 
雨天rainが心配されましたが、何とかもちました。
 
子どもたちのきびきびした行動力、爽やかな明るい笑顔や、ひたむきな真剣な表情、
それを掛け声や拍手で応援する、先生や保護者、地域の方々、大人たち。
 
多分この光景はずっと前から変わらないし、これからもつながっていくのでしょうshine
 
お母さんたちともたくさんおしゃべりできて、とても楽しく過ごしました。
 
Img_7509
 
そして、今日は本当は小学校の運動会でした。
が、台風の影響で朝から土砂降り、、20日に延期になりましたbearing

一般質問、その他

15日に一般質問が終わりました。今回は以下の通告で質問を行いました。
高次脳機能障害者の当事者家族団体「地域とともに生きるナノ」のから傍聴にも来ていただきました。ありがとうございますdiamond
 
今年度は障がい基本計画、福祉計画、高齢者基本計画、介護保険事業計画の新しい計画の策定年度にあたるため、良い計画にしていただくために毎回提案しています。
 
高次脳機能障害については昨年12月議会でも取り上げたので今回2回目になります。
また、障がい者福祉制度と高齢者の制度と前々から思っていた連携についてテーマにしました。質問でも触れましたが、国は地域包括ケアシステムに向けて「我が事丸ごと地域共生サービス」を打ち出しています。はい、介護保険と障がい者福祉の統合問題です。
安易な統合はするべきではありません。これからの大きな課題です。
 
今回の質問は現在の制度の中での各窓口の横断的な取り組みをあげています。
 
また順次ご報告したいと思います。
 
1、高次脳機能障害の方への支援について

()これまでの取り組みの成果、今後の課題について

()支援体制づくりについて

認知症施策、地域生活支援事業などの対象に高次脳機能障害の方も位置付け、高齢者福祉計画第7期計画の認知症施策の推進に高次脳機能障害も盛り込むことについて見解を伺います。

()研修の促進について

相談窓口職員、自立支援協議会や認知症サポーター、ケアマネ等に対して高次脳機能障害の理解を進めるための研修を行うことについて見解を伺います。

2、障害者施策、高齢者施策の横断的な取り組みについて

 ()認知症の精神障害者保健福祉手帳制度の周知について

障害者手帳が交付されることで各種福祉制度の利用が可能になります。広く周知するべきではないでしょうか。

 

 ()介護保険の優先、介護保険と障害者福祉の統合について

障害福祉サービスを利用していた方が介護保険に移行する際に問題が生じる「障害者の65歳問題」、介護保険と障害者福祉の連携体制等についての現状と課題について伺います。

1、野火止大門公園の整備について

階段に手すりをつけ、スロープを整備してほしいと市民から要望が寄せられています。改善できないでしょうか。

 

1、公民館の利用について

()市内公民館で設置している利用可能な卓球台や軽体育室などを個人でも利用しやすくしてほしいとの要望についての見解を伺います。

()放課後の子どもたちの居場所としての活用について伺います。

以下、にいざ民報をご覧ください。国保の県単位化にむけて出された陳情を委員会の中で審議しました。その中身です。

http://jcp-niiza.com/minpou2/170917.html#01

 

 

2017年9月14日 (木)

わいわいトークのおさそい

わいわいとーくの第2弾sign03
どなたでもいらしてくださいheart04
私が司会ですspa
自分らしく働きたいevent山添拓さんを迎えてなんでも聞いちゃいましょうheart01
 
手づくり夕飯付きで大人300円、子ども100円ですhappy01
 
わたしは実行委員会でのメンバーと、たくさんいただいたじゃがいもでポテトサラダ、鶏肉の照り焼き、パプリカのマリネを作ります。その他、沖縄風炊き込みご飯、サラダ、ちらしずし、から揚げ、パスタ、なしなどなど持ち寄りで準備しますbell
 
ご参加の方はご連絡くださいshine090-8515-2603辻まで
Img_7413

2017年9月11日 (月)

防災訓練

野火止住宅の防災訓練に参加しました。
煙体験、消火訓練、AED講習と濃厚な訓練となりました。
 
Img_7485_2
 
 
毎月1回のグリーンデイ(住宅周辺の草取りなど)以外は、中々普段、ご近所の方や団地の方と顔を合わせることもないので、大事な時間です。
 
いざとなったら地域住民で協力し合うことが安否を分けるのではないかとさえ思います。
 
最近は水害や地震など自然災害による被害は少なくありません。
日頃からの防災意識を高めておきたいです。
Img_7486
 
 
知りませんでしたflair消火器は3種類もあるんです。
①木材、紙などの普通火災用、②石油油などの火災用、③電気設備などの火災用
 
まず「火事だー!!」と周りに伝える。119番に電話をお願いする。消火器のホースを持ち上げて道順を発射しながら、火元に。まっすぐに後ずさりする。実践しました。
 
煙体験。ビニール素材で囲まれたなかで煙が蔓延していて、その中を口を覆いながら歩いていきます。腰を低くして、まっすぐに。
Img_7487
 
煙の臭い・・・バニラの臭い、娘はバナナの臭い、甘い匂いがついてます。
他の方はバリウムの臭いだと話していました。
 
AED講習。結構な力が要ります。機械のアナウンスのとおりに行います。
 
たくさん質問も出されて、防災意識を高めあいました。
 
救急隊の方々も、本当に丁寧に指導していただきました。ありがとうございました。
 
Img_7492

2017年9月 5日 (火)

みんなちがって、みんないい

今日は市議会2日目でした。
 
明日から3日間、厚生常任委員会です。委員会に付託された決算書や補正予算などの審議に入ります。
 
diamond議会のスケジュールは、にいざ民報をご覧ください。
 
diamondなんだか落ち着かない日々。
 
難しい資料に頭を使いながら、娘の宿題の音読を聞きました。
 
 
 
bell『わたしと小鳥とすずと』chick  金子みすゞchick
 
 
わたしが両手をひろげても
 
お空はちっともとべないが、
 
とべる小鳥はわたしのように、
 
地面をはやくは走れない。
 
わたしがからだをゆすっても、
 
きれいな音はでないけど、
 
あの鳴るすずはわたしのように
 
たくさんなうたは知らないよ。
 
すずと、小鳥と、それからわたし、
 
みんなちがって、みんないい。
 
じょうずになったねbud 癒されましたconfident

2017年8月30日 (水)

9月議会初日。議場に国旗「日の丸」の掲揚が採択

9月議会が本日より始まりました。7回目の市議会です。
今日は継続審議となっていた陳情「新座市議会議場に国旗掲揚を求める陳情書」の採択が行われました。現在は議場に市旗のみ掲揚しています。今回の陳情は国旗も、、という内容です。
共産党から芦野修議員が以下のように反対討論を行いました。
 
 ① 国旗である「日の丸」に対して、国民の間でも様々な意見がある今、議場に「日の丸」を掲揚するのは受容を強制することになりかねない。
 
 ②「日の丸」は戦中、侵略戦争の旗印になってきた歴史がある。軍国主義の押し付けを思い出す人もいる、国旗に対する態度はひとりひとりが自分で考え、良心の自由に基づいて判断されるべき。
法制定の国会のなかでも日の丸掲揚は義務付けないと答弁している。
 
 ③市民の声も聞かず強引に決められようとしている。市民の声も聞いて議論されるべきで、議会の在り方に関わる重要なことだ。数の力で決めるのは長年の議会運営ルールが機能しなくなる問題。
 
今回の議会には「国旗を議場に掲揚しないでほしい」という陳情も出ています。
 
国民の思想、信条の自由に関わる重要な問題で、時間をかけて深く議論すべき問題です。
 
また、反対討論は共産党1名、市民と語る会2名の議員が行いましたが、賛成の議員(政和会、公明党、維新の会)は誰も賛成の討論もせず、だんまりで、最後の起立による採決で、賛成多数で採択されてしまいました。
 
賛成なら賛成の立場でしっかり討論すればいいのに、主張すればいいのに、数の力ではじめから採決ありきで誠意を感じませんでした。
 
こんなに大事なことが本当にあっけなく決まってしまって、とても不甲斐なさを感じました。
 
私もおかしいと思ったらおかしいとすぐ反応できるようにならねばなりません。
Img_7414
 

2017年8月26日 (土)

国民保護実動訓練

埼玉県、朝霞市・新座市国民保護実動訓練の視察に参加しました。
 
Img_7376_3
 
2020年のオリ、パラ大会の開催に向けて大規模テロ発生に備えて現場における初動対処能力の向上と、関係機関相互の連携強化を図る目的で行われるものです。
 
Img_7380_2
 
ドラマで見るような、緊迫した空気、関係者の方々の機敏な動きに圧倒されました。
警察、消防、自衛隊、行政、市民、総勢約480名の参加です。
大勢が関わる場所での緊急事態には各機関との連携は欠かせません。
 
 
 
Img_7387_2
 
不審物処理のため、ロボットが登場。

2017年8月21日 (月)

大和田カミ遺跡群発掘調査現地見学会

新座市内には遺跡は発見される可能性が高い場所は108か所あるそうです。
H28年に開始された大和田二、三丁目地区土地区画整理事業に伴い試掘調査をしたら各所から縄文時代や平安時代の遺跡が発見されました。
Img_7369_3
 
 
そのあとの建物の建築工事を行うとこれらの遺跡は消滅してしまうので、事前に発掘調査を行って記録保存をすることになったそうです。
 
Img_7323_3
その見学会に参加しました。
 
Img_7371_3
 

2017年8月13日 (日)

夏休み

夏休みに、子どもたちと実家に帰りました。
3月に手術をした母もすっかり元気で安心しました。
あいにくの天気でしたが,
自然の中でのんびりとしてきました。
 
実家の手料理はおいしいhappy01 子どもたちも喜んで、いただきました。
 
Img_7195
 
Img_7180_2
 
はじめて草津町の国立療養所栗生楽泉園を訪れました。現在、75名の元患者の方が暮らしています。
 
Img_7165_2
 
衝撃を受けたのは『重監房資料館』。『特別病室』という名の『重監房』。
ハンセン病患者を対象にした懲罰用の監禁室です。...
Img_7163
 
 食事もろくに与えられず、闇の中でただ待つだけの日々・・・。
「日本のアウシュビッツ」と呼ばれるほどの過酷な状況でたくさんの人が亡くなりました。
 
元患者の谺さんは「存在したこと自体が差別の証拠。必ず後世に残さないといけない」という決意をもって、重監房の復元運動に取り組みました。
 
栗生楽泉園に重監房を復元した「重監房資料館」の開館の式典には、病身を押して出席した谺さんの姿もあったそうです。
 
Img_7168
 
重監房跡地の前で、元患者の方々の叫びが、苦しみや悲しみが聞こえてくるようで、気持ちが、ざわざわしました。
人の命が差別され、無視され、否定され、どれほど無念であっただろうと思います。
国の政策として行われていました。
その後、元患者を中心に立ち上がった人々の運動がおこり、国は間違った政策だったと認め、1996年にらい予防法が廃止されました。
 
そこに、どのような闘いがあったのか、もっとよく知りたいと思いました。
 
「らいを病むが故にこの悲劇  なんという みじめさよ」
 
重監房の壁に入所者が残した言葉です。
 
Img_7210

«豊田真由子氏の議員辞職を求める市民集会