2017年4月25日 (火)

荒木栄のうた

あわただしい日々の合間、よく晴れたある日の午後、お墓参りをしてきました。
 
Img_6168
 
 
私の旧姓は黒田です。
表には『平和』の文字、石碑の後ろには荒木栄さんの『地底の歌』の詩が刻まれています。
 
Img_6171
 
              有明の海の底深く   地底にいどむ男たち
 
              働く者の火をかかげ  豊かな明日と平和のために
                           (『地底のうた』作詞・作曲荒木栄)
 
荒木栄さん(1924年~1962年)は福岡県大牟田市出身のソングライターです。
三井三池炭鉱の機会組立工で、主に労働歌を作曲した人。
 
戦後日本を揺るがした三井三池争議に参加し、その前夜を通じて労働者を励ます歌を作りました。
代表曲に『がんばろう』『沖縄を返せ』『この勝利ひびけとどろけ』などがありますnote
 
 
私の父は大牟田市出身です。
小さい時から、炭鉱労働者の闘い、三井三池争議の話を聞いて育ちましたflair
 
私の学生時代の卒業論文は、『三池の主婦たちの闘い』をテーマにして書き上げました。
 
1950年代エネルギー源が石炭から石油へと移行していく時代clock
三井鉱山は経営合理化のために希望退職者を募りました。しかし希望退職者が予定より足りなかったために約3500名に退職勧告。
会社はそれに従わない2700人を指名解雇。
 
このような会社の姿勢に炭鉱労働者、その家族が反発し、指名解雇に反対してストライキに突入していきます。労働者が立ち上がりましたdash
 
ストライキは113日間に及び、ついに会社側は指名解雇を撤回、労働者の勝利に終わりました。この闘いは『英雄なき113日間の闘い』といわれる闘いです。
 
私は労働者の自由と権利を守ろうと、仲間と団結して立ち向かったこの闘いに、
人間らしさ、人間臭さとロマンを感じ、人が人として生きていくことの意味はなんだろうと考え学び、文字にした、私にとっても大切な歴史ですheart02
 
その後、三井鉱山の経営はますます悪化し人員整理が進み、組合員の暮らしが厳しくなるなかで、会社側も争議をつぶすためにあの手この手で躍起になります。
そして、結果的に、組合員の敗北という形で終結します。
 
Img_6176
 
でも、この闘いが私たちに残したもの、
日本の歴史に大きな転換点になった、この闘い。
この歴史を語り継いでいくことが、働く人を励ますのではないかdiamond
今の時代に、人間らしい働き方を、あきらめない力になるのではないか。
そんなことを思いながらお墓に手を合わせてきました。
 

2017年4月19日 (水)

いつの間にか・・・41歳のスタート

Img_6085_2
私も3月で41歳になりました。逗子に住む友人からの、プレゼントcake
なかなか会えないけれど、会えばホッとする、大切なmoon3大切な友人ですconfident
Img_6093
 
よく晴れた日、小野議員と交通安全啓発運動に参加させていただきました。市役所周辺をご通行中の方々に、交通安全への協力を呼びかけました。
 
Img_6122
4月17日は毎年恒例の、平林寺半僧坊まつり。平林寺の行事のひとつで、半俗半僧の姿をした摩訶不思議な神通力をもつ守護神を信仰するものです。
 
 
松平伊豆神信綱をたたえて伊豆殿行列が行われたり、露店や植木市が並びます。
 
 
共産党で核兵器をなくすアピール署名に取り組みました。
足を止め、また引き返してチラシを受け取る方、世の中平和じゃないとねと、署名に家族で協力してくれる方、たくさんの方にご協力いただきました。写真がないのが残念です。
 
 
その後は新座市議会の超党派の議員で、菊地しゅうやくんの心臓移植のための募金活動に取り組みました。
手術受けられるといいわね、元気になるといいね、がんばってね、など温かい声もかけていただきました。しゅうやくんは6年生です。
これから楽しいことをたくさん経験してほしい、たくさんの思いが募金に込められています。
 
Img_6145

2017年4月15日 (土)

toitoitoi★

なぜかしばらく、PCに写真が取り込めませんでしたが復活です。
 
周りのお友だちとサークルを作りました。『toitoitoi』(トイトイトイ)。
 
たくさんの人とつながっていこう★というゆるーいサークルです。、
 
先日、柳瀬川河川敷でお花見をしましたbanana
お弁当と、前日に仕込んだ豚汁riceballここぞとばかりに登場する、うちのBBQセットたち。
ポテトサラダにお漬物。差し入れもあって楽しく過ごしました。
 
最高のお天気でsunのんびりとおしゃべりしました。
子どもたちは土手で転がってみたり、川に小さな石を投げてみたり。
ウクレレを弾いてみたりconfident
Img_5824_3
 
楽しかったね、 今度はお出かけしたいな!という要望も出されましたnote
Img_5838
 
今年は桜をゆったりまったり、楽しみました。
 
Img_5839

2017年4月11日 (火)

春。入学シーズン。学童保育室、欠員28名!

私が小学校に入学したときも学童保育に通っていました。今もある新座市の「風の子クラブ」に通っていました。
当時は放課後、クラスでも学童にいく子は少なく、一斉下校の時は家に帰れる友達がうらやましくて、切なかったのを思い出します。
 
でも指導員さんや、学年を超えての仲間と一緒に、工夫を凝らして遊んだり、出かけたり、10日にもわたってキャンプしたり楽しい思い出もあります。
当時は保護者中心に運営をしていましたが、現在新座市では社会福祉協議会を指定管理者として運営されています。
 
その放課後児童保育室が、大変なことになっています。
以下、にいざ民報からの芦野議員の記事ですが。
 
学童保育室の支援員、欠員28名!
 
娘が通う保育室今年度1名欠員でスタートしました。
大変な事態impactです。子どもたちを安心して通わせられる保育室に。支援員の処遇改善が喫緊の課題ですsign03
放課後児童保育室は、市内17小学校に設置されていますが、ここ数年大規模化が大きな問題となっています。また、支援員(指導員)の欠員も大きな問題となっています。

          
 4月1日現在、市内の放課後児童保育室に通う児童は1534人(前年同日比123人増)と年々増えています。その一方、支援員の労働条件の改善が大きな課題となり、共産党議員団は支援員の賃金引上げ、労働条件改善を働きかけてきました。

          
 学童保育の指導員には専門性も求められており本来しっかりとした労働条件が必要です。労働条件の悪化で定着もなかなかされず、4月1日現在、本来配置されるべき支援員数が106人必要なところ77人の配置に留まり、29人も欠員しています(この欠員はパートで賄っている)。

          
 支援員の欠員は保育の質にも影響する重要な問題です。共産党市議団は、支援員、保育の会等と共に今後も支援員の労働条件改善、支援員欠員解消に向けて働きかけを強化していきます。

          
放課後児童保育室入室数、支援員欠員の状況

2017年4月 1日 (土)

3月議会 一般質問のご報告  

moon3子どもの貧困対策について

国の調査では子どもの貧困率は16.3%だと言われます。新座市の0から17歳までの子どもの数で単純計算すると4200人ほどになります。私が周りのお母さんたちから聞いた新座市の貧困状態に置かれている子どもの実態を紹介しました。

子どもの貧困は経済的な問題だけではありません。子育て環境が悪化することから情緒不安定になったり、学校生活に不適応になったり、自己肯定感を持てずに育つと大人になってからの人生にも深刻な影響を与えます。できることから、早急な対応が求められます。
  子どもの貧困の実態調査を市独自で行うべきではないかという質問に対して、並木傑市長は「貧困対策は国を中心に行われるべきで、国の交付金を使った調査は全国の市町村でまだ53しかやってない。どこまで実態を把握できるのかも不明で国や県の動向を見守っていきたい、調査を行う考えはありません」と述べましたdownwardright

 

私は「交付金を使う大きな調査ではなく、子どもに関係している機関、施設の職員、担当部署にまずは簡単なアンケートをとることはどうか」と聞くと

「調査というより実態の発見するということでアンケート調査は行っていきたい」と

前向きな答弁をいただきました。

 また、新座市の基本計画の中に子どもの貧困の問題を位置付けること、実態の把握と具体的な対策を提案するための総合的な子どもの貧困対策チームを作ることを提案しました。

市長は「貧困対策は国や県が中心にやるものであるので計画に位置付けることは考えていない。また貧困対策チームを作る考えは今のところはない。貧困に関連する事業はやっているので着実に実施する」という答弁でした。

私は第3次地域福祉計画の素案の中で課題として『子どもの貧困対策を推進する』と盛り込まれた。行政は様々な立場からの意見を同じテーブルに載せる役割がある。新座市には児童福祉審議会がありその目的は「市長の諮問に応じ、児童福祉に関し必要な調査及び審議を行う」とされている。今すでにある児童福祉審議会の活用はできないかと再質問しました。

 福祉部副部長は「新座市子育て会議や児童福祉審議会の審議の際の、その他という項目の中で子どもの貧困に関する情報や提供をいただくように活用することを検討します」と述べました。

新座市には3つの大学があり、子どもの貧困についての専門家の方もいるので連携して取り組んでほしいと要望しました。法政大学の湯浅誠氏は『子どもの貧困対策はまちづくりのひとつだ』と述べています。町内会やボランティアなど新座の強みを活かして、まちぐるみで貧困状態に置かれている子どもを支えていくような 施策が求められています。

 

moon3野火止浄水場高架水槽跡地に建設予定のバス折り返し場について

この問題を取り上げるのは4回目です。
安全対策について市は

●バスの出入庫が当初の30回から19回に変更になった

●西武バスと合意文書を取り交わすことについては「土地賃貸借契約を行う際に出入庫台数、時間帯などの文言を入れる

●夕方のバス出入庫時間はわかり次第お知らせすると答弁しました。
 「考える会」が要望している市長との懇談については行う考えはないとし、辻市議は「今まで担当課の方に丁寧に対応していただき、やらないと言っていた住民説明会も開催してくれた。まだ工事も終わっておらず、住民の不安も理解できる。今後も真摯に対応していただきたい」と要望しました。
 さらに前市長の答弁にある「未来永劫ずっと貸すという約束はしていないこと、今度のダイヤの編成や乗降客数の動向などでバス折り返し場の必要性を将来にわたって検討していく立場を継承してほしいがどうか」と質問しました。並木市長は「10年か20年か100年か分からないが、今後も前市長の答弁を踏襲していきます」と述べました。

 

moon3就学援助制度の充実について

()就学援助の入学準備金の前倒し支給について

経済的な困難を抱える家庭にとって、特に入学準備のための負担は家計に重くのしかかります。制服や体操着など学用品購入時期である2月~3月に支給できるようにすべきではないかと質問しました。教育長は奨学金制度の支給は単年度会計になっており、今の制度上はできないと述べました。私は

『3月8日の衆院文部科学委員会で、共産党の畑野君江衆議院議員の入学前の出費への援助が、新年度に入ってからでは遅い、小中学校とも国として前倒しの支給を決めてほしいとの質問に答えて、文科省の藤原初等中等教育局長は、中学校入学前の前倒し支給について「補助対象とすることは可能だ」と答えました。

国による就学援助、入学準備金については入学前にお金が必要になる時期の前倒し支給は可能になったと捉え、国にならって新座市の制度も入学前支給にできないか。と再質問。

教育総務部長は「国の動向を見守り、研究する」と答弁しました。

 

 八潮市では小中学生の保護者を対象に入学準備や郊外活動費に役立てる教育資金の貸付制度の導入を決めてています。小学生には5万円、中学生の保護者は10万円を貸し付けて返還は1年以内。就学援助の前倒し支給が難しいのであれば、こういった方法の検討も含めて、どの子たちも同じように胸を膨らませて学校生活をスタートできるように、できないことでなくできることを検討してください。と要望しました。

 

 

2017年3月29日 (水)

議会が終わりました。息子の卒業式

更新が滞ってしまいました。
 
3月議会、3月24日で終わりました。以下、にいざ民報からの抜粋ですfoot
 
平成29年度新座市一般会計予算に、日本共産党は反対しました。
 日本共産党を代表して反対討論を行った笠原進市議。
「市長は財政運営を誤っている。市役所の一番大切な仕事は福祉の増進なのに、大型開発に偏重している。福祉型児童発達支援センターを29年度に建設する予定で実施設計まで終えているのに、一億円のお金が無いとして来年度以降に先送りした。一方で大和田2.3丁目土地区画整理事業は下水道や橋の新設などの関連事業を含めると1年間で約60億円以上の大事業となっている。
お金が無いのではなく、福祉を大切にする気持ちが足りない財政運営になっている」と厳しく批判しました。
 
 さらに、「並木市長は昨年の市長選の公約にも違反している。保育園の待機児童は『ゼロを目指します』とはっきり公約したにもかかわらず、今年4月の待機児童は、昨年より多い231人にもなると予想されている。施策が不十分だからだ。
 
また公約に『少人数学級の実現』を言いながら実行しようとしていない。教育予算は全体の8.1%で、近隣4市の中で一番少ない。大型開発事業ばかり優先するのでは、期待して一票を投じた市民を裏切ることになる」と述べました。
 
また、「新座市では他市と比べて職員数が著しく足りない。同規模人口の他市と比べ、正規職員は3分の2しかいない。人口一万人当たりの新座市の職員は45人、千葉県の習志野市は76人、浦安市は79人となっている。市民サービスの向上のためにも改善が必要だ」と述べました。
 
一般会計予算は日本共産党、市民と語る会が反対しましたが、政和会、公明党、刷新の会、維新の会が賛成して可決となりました。
 
banana私の一般質問、今までで一番準備に時間がかかりました。
その分、今までで一番落ちついて臨めたかな、と思っています。
また後日、ご報告します。
 
wine長男の卒業式がありましたup
6年間のうちにあっという間に、大きく成長した息子confident
 
でもでも、思い返すと、あっという間なのではなく、
ひとつひとつを一生懸命乗り越えてきました。
友だちと楽しそうにふざけている息子を見ると頼もしく感じました。
 
校長先生の卒業生に向けられた言葉、
『これからも東日本大震災とともに生きていく君たちへ。しあわせになってください』
 
そこに込められた思い、子どもたちへの期待と優しい励ましで送り出してもらいました。
 
Img_5768Cocolog_oekaki_2017_03_29_12_12

2017年3月16日 (木)

入学準備金の前倒し支給を!

今日は新座中学校の卒業式に参列させていただきました。
卒業生からの言葉、3年間で自分たちはどのように成長してきたのか、どんなことに悩み、仲間と頑張ってきたのか、楽しかったのか、すでにうるうるweep
そして卒業生による「大地讃頌」で号泣crying
 
義務教育を終えた子どもたちの、これからの人生が輝くように、新しい門出をお祝いしました。
Img_5639
 
さて、明日は一般質問です。
就学援助の入学準備金は現在早くて6月末の支給です。
特に中学は7~8万円もかかり大きな負担になっています。
お金が必要な2~3月に前倒し支給すべきと質問しますimpact
 
日本共産党の畑野君枝議員は8日の衆院文部科学委員会で、就学援助制度における入学準備費用の援助に関し、ランドセルや制服などの購入に間に合うよう、支給を前倒しする制度への改善を求めました。
 
文科省の藤原誠初等中等教育局長は、中学校入学前の前倒し支給について「補助対象とすることは可能だ」と答えました。

 就学援助は、生活保護を受ける世帯と、それに準ずる困窮世帯に、

学用品費や入学準備費用など学校生活にかかる諸費用を、国と市町村が援助するもの。

原則、小中学校に入学・進級後に申請し、支給される仕組みです。

 畑野氏は、「支給が7月のために制服が買えず、入学式に出られなかったために、

友達の輪に入れず、不登校になった」など切実な声を紹介し、入学前の出費への援助が、新年度に入ってからでは遅いと指摘。

実態に沿って前倒し支給する自治体が増えているとして、小中学校とも「国として前倒しの支給を決めてほしい」と迫りましたshine

 藤原局長は、小学校についても、独自に前倒し支給している一部自治体の動きを踏まえ、「国として鋭意検討を行っている状況だ」と表明しました.

国も動いていますsign01

Img_5641

2017年3月13日 (月)

今日の夕食は。

長男の宿題。夕ご飯を作って洗濯物をたたむこと。
なんとステキな宿題でしょうか。
色々の事情からピーマンの肉詰めはやめて、餃子にしました。
餃子包むのもじょうずになりました。
Img_5610
 
餃子と、ひじきの煮物、即席のたまごスープ、サラダ、ごはんでしたdog
 
Img_5620
ひじきで顔を作ったよってcoldsweats01
 
Img_5625

2017年3月 8日 (水)

秋也くんを救おう!ご協力を

埼玉県新座市在住の菊地秋也(しゅうや)くん(小学校5年生)は、「拘束型心筋症」という原因不明の難病により、早急の心臓移植でしか命を救う方法がありません。
先日、「秋也くんを救う会」が結成されました。市議会のなかでも、平松議員、川上議員から秋也くんを救うために協力を、と呼びかけられました。
以下、ぜひご覧ください。
「元気になってサッカーしたい」その願いが叶いますように。
ご協力をお願いいたします。

2017年3月 5日 (日)

作品

スーパーで段ボールをもらって、夢中になること数時間。キッチンセットが完成up
ゲームやテレビも大好きだけど、やっぱり子どもは自分のアイデアと思い付きを形にすることの喜びも知ってます。
Img_5475
 
絵具じゃなくて、インクで描いた絵。水の筆で形を書いてインクを落とすと色が透き通るように広がっていきます。
 
 
Img_5478
紙パックを使った工作。ひよこちゃんとうさぎちゃん。
 
Img_5498
 
今年は新座市のパワーアップクラブで、俳句も習いました。パワーアップクラブは土曜日授業がなくなったときから、月二回、地域の方のご協力で子どもたちに教室を開いています。
クラブもスポーツからパソコン、科学、多種多様で子どもたちにも大好評。市内870人もの子どもたちが参加していますbud

«視察!