2017年3月16日 (木)

入学準備金の前倒し支給を!

今日は新座中学校の卒業式に参列させていただきました。
卒業生からの言葉、3年間で自分たちはどのように成長してきたのか、どんなことに悩み、仲間と頑張ってきたのか、楽しかったのか、すでにうるうるweep
そして卒業生による「大地讃頌」で号泣crying
 
義務教育を終えた子どもたちの、これからの人生が輝くように、新しい門出をお祝いしました。
Img_5639
 
さて、明日は一般質問です。
就学援助の入学準備金は現在早くて6月末の支給です。
特に中学は7~8万円もかかり大きな負担になっています。
お金が必要な2~3月に前倒し支給すべきと質問しますimpact
 
日本共産党の畑野君枝議員は8日の衆院文部科学委員会で、就学援助制度における入学準備費用の援助に関し、ランドセルや制服などの購入に間に合うよう、支給を前倒しする制度への改善を求めました。
 
文科省の藤原誠初等中等教育局長は、中学校入学前の前倒し支給について「補助対象とすることは可能だ」と答えました。

 就学援助は、生活保護を受ける世帯と、それに準ずる困窮世帯に、

学用品費や入学準備費用など学校生活にかかる諸費用を、国と市町村が援助するもの。

原則、小中学校に入学・進級後に申請し、支給される仕組みです。

 畑野氏は、「支給が7月のために制服が買えず、入学式に出られなかったために、

友達の輪に入れず、不登校になった」など切実な声を紹介し、入学前の出費への援助が、新年度に入ってからでは遅いと指摘。

実態に沿って前倒し支給する自治体が増えているとして、小中学校とも「国として前倒しの支給を決めてほしい」と迫りましたshine

 藤原局長は、小学校についても、独自に前倒し支給している一部自治体の動きを踏まえ、「国として鋭意検討を行っている状況だ」と表明しました.

国も動いていますsign01

Img_5641

2017年3月13日 (月)

今日の夕食は。

長男の宿題。夕ご飯を作って洗濯物をたたむこと。
なんとステキな宿題でしょうか。
色々の事情からピーマンの肉詰めはやめて、餃子にしました。
餃子包むのもじょうずになりました。
Img_5610
 
餃子と、ひじきの煮物、即席のたまごスープ、サラダ、ごはんでしたdog
 
Img_5620
ひじきで顔を作ったよってcoldsweats01
 
Img_5625

2017年3月 8日 (水)

秋也くんを救おう!ご協力を

埼玉県新座市在住の菊地秋也(しゅうや)くん(小学校5年生)は、「拘束型心筋症」という原因不明の難病により、早急の心臓移植でしか命を救う方法がありません。
先日、「秋也くんを救う会」が結成されました。市議会のなかでも、平松議員、川上議員から秋也くんを救うために協力を、と呼びかけられました。
以下、ぜひご覧ください。
「元気になってサッカーしたい」その願いが叶いますように。
ご協力をお願いいたします。

2017年3月 5日 (日)

作品

スーパーで段ボールをもらって、夢中になること数時間。キッチンセットが完成up
ゲームやテレビも大好きだけど、やっぱり子どもは自分のアイデアと思い付きを形にすることの喜びも知ってます。
Img_5475
 
絵具じゃなくて、インクで描いた絵。水の筆で形を書いてインクを落とすと色が透き通るように広がっていきます。
 
 
Img_5478
紙パックを使った工作。ひよこちゃんとうさぎちゃん。
 
Img_5498
 
今年は新座市のパワーアップクラブで、俳句も習いました。パワーアップクラブは土曜日授業がなくなったときから、月二回、地域の方のご協力で子どもたちに教室を開いています。
クラブもスポーツからパソコン、科学、多種多様で子どもたちにも大好評。市内870人もの子どもたちが参加していますbud

2017年3月 3日 (金)

視察!

3月議会・厚生常任委員会初日の行政視察shine
民間保育園の入口においてある、『かって籠』
というリサイクルです。勝手に小さくなったり、着なくなった古着を勝手に入れて、必要な人は勝手に持って行く。子育て世代にとって、これは助かりますね。
細やかで、優しい工夫がちりばめられていますconfident
Img_5505
 
保育園内の図書室。木のぬくもりを感じます。
 
Img_5508
 
新座市で唯一の認定こども園にて。
幼稚園と保育園のお互いの良さを取り入れ、子どもたちの環境向上に努める施設。
幼稚園と保育園。全く異なる二つの制度や管轄の違いで運営や保育料も違います。
職員さんから施設を運営していくうえでの難しさ、ご苦労をお聞きしました。
 
認定こども園は国の当初の見込みより増えていません。その背景に何があるのでしょうか
Img_5515
職員は『幼稚園教諭』と『保育士』では様々な条件が違います。
保護者も仕事をしている方、パートの方、専業主婦の方それぞれの立場によって時間の制約や活動範囲も違うでしょう。様々な問題点や課題がありそうです。
出会った子どもたちの元気いっぱいのあいさつや笑顔から、エネルギーをもらいましたhappy02
 

2017年2月26日 (日)

富士見市議選の応援へ

富士見市の市議選が3/26投票で行われます。
小春日和の日曜日、支部の方と川畑かつひろさんの応援に行ってきましたup
21人定員で28人が立候補を予定している激戦です。
川畑さんは私の中でアニキ!!と呼んでいる頼もしい先輩です。3期目に挑戦しますsign01
 
富士見市共産党は市民アンケートを行い、500を超える市民からの回答をいただきました。その要望で1番多いのは国保税、介護保険料の引き下げです。あとは歩道の整備、生活道路の改善。そして18歳までの医療費無料化も要望が多いです。
宣伝中、子連れのお母さんとお話しして、新座では18歳までの医療費無料化もう実現してることを話すと、いいですね〜がんばってください、と言われました。
通りがかりの女性は福祉を良くしてください。...
年配の女性は川畑さんによろしく。
他にもがんばってね、とか次々に声をかけてくださいました。
16998148_1044173469059378_732247382
川畑事務所にて。宣伝後はおいしい炊き出しをいただいて気持ちもほっこりheart01
お料理のアドバイスもいただきました!16997668_1044174109059314_581626877
休憩中。お茶タイム。ぽかぽかとひなたぼっこsun16996220_1044173459059379_774052445

2017年2月25日 (土)

3月議会のお知らせその2

私の一般質問は3月16日の1番目です。あさイチ。9時半からですclock
 

1、子どもの貧困対策について

子どもの貧困は深刻な社会問題となっており、市内でも様々な取り組みが始まっています。早急に市独自の対策が求められているのではないでしょうか。

()子どもの貧困の実態調査について

貧困の問題解決に向けて議論が始まり他市でも独自の実態調査を行うなどの取り組みが始まっています。新座市の子どもの貧困の実態調査を行うべきではないでしょうか。

()子どもの貧困対策について

新座市基本構想総合振興計画後期計画や子育て支援計画の中に子どもの貧困対策を位置付けてはどうですか。実態把握と具体的な対策を提案するための総合的な貧困対策チームをつくることについて伺います。

 

2、就学援助制度の充実について

教育関係にかかる家庭への負担は大きくなっており、誰もが平等に教育を受ける権利を保障するものとして、就学援助制度の改善、充実は必然です。

()就学援助の入学準備金の前倒し支給について

経済的な困難を抱える家庭にとって、特に入学準備のための負担は家計に重くのしかかります。制服や体操着など学用品購入時期である2月~3月に支給できるようにすべきではないでしょうか。

()支給対象項目の拡大について

国の就学援助対象項目に追加されたPTA会費、部活、生徒会費も対象にすべきではないでしょうか。

 

3、学校給食費の無料化実施について

憲法26条では『義務教育はこれを無償とする』とされています。全国で給食費を無償にしている自治体は少なくとも55市町村、一部を補助する市町村は少なくとも362あることも明らかになっています。以下についての見解を伺います。

 ()学校給食費の無料化について

食育基本法では食育を子どもが生きる上での基本であり知育、徳育及び体育の基礎となるべきもので、健全な食生活を確立していくうえで重要な役割を果たすとされています。義務教育における給食費については無料化を進めてはどうでしょうか。

()学校給食費の一部補助について

学校給食費の他にも学用品費や衣類、食費など成長期の子どもたちの子育ての経済的な負担は大きく、近年貯蓄ゼロの世帯も増加しています。負担軽減のため学校給食費の一部補助を行うべきではないでしょうか。

()第3子以降の給食費原則無料化の実施に向けた進捗状況について

4次新座市基本構想総合振興計画後期基本計画に第3子以降の小・中学校給食費の原則無料化の検討が書かれていますが、来年度から行うべきではないでしょうか。どのように検討されているのでしょうか。

 

1、野火止浄水場旧高架水槽跡地建設予定のバス折り返し場について

()現地周辺の安全対策について

現地は子どもから高齢者まで多くの市民が利用し、大変危険な場所で特別な配慮を要します。安全対策について伺います。

 ()西武バスと合意文書を取り交わすことについて

バス出入庫の回数、時間帯、安全対策について西武バスと合意書を交わすことについての考えを伺います。

()代替え地の検討について

東1丁目バス折り返し場は未来永劫ではないと前市長は答弁しています。西武バスと協働して本気で代替え地を探すことについて見解を伺います。

 

1、郵政宿舎跡地の活用について

現地は大変広い場所であり、市民のために有効活用すべきと考えますが市の見解を伺います。

 

3月議会お知らせ

新座市議会3月定例会が2月21日から3月24日の会期で始まりましたshine市長提出議案は条例20件、予算16件、道路認定1件、人事2件の計49件です。8件の追加議案が予定されています。
 
地下鉄12号線建設促進基金を3月31日に廃止し、約9億2000万円を財政調整基金に積み立て、平成29年度予算に活用します。
 
riceballしかし、4月1日には新規に地下鉄12号線建設促進基金を再びつくり、約5億円を積み立てる計画です。新座市方面に本当に延伸するのか全く不明な中で、5億円もただ積み立てておくことに何の意味があるのでしょうか。無駄になるのではないでしょうか。

budまた、平成30年度から野火止公民館とふるさと新座館ホールを指定管理者に管理させる条例も提案されました。公民館を指定管理者制度に移行させるのは初めてですので、利用する市民にとって問題はないのか、しっかり審議していきます。

apple平成28年度補正予算では、石神小学校校舎大規模改修事業6億9581万円(屋上にあるプール改修工事を含む)が提案されました。
石神小学校は昭和51年3月に建設されました。
 
banana大規模改修工事は平成27年度に実施予定でしたが、「財政が大変」として平成30年度実施に先送りされていました。日本共産党市議団は、「子どもたちの教育施設の改善こそ、土地区画整理事業等の大型開発工事より急ぐべき」と議会でくり返し提案してきました。昨年度の一般質問だけでも、3月と6月の議会では笠原議員が、9月議会では芦野議員が「石神小学校の大規模改修工事を急げ」と提案し続け、市の計画より1年早く実施することができました。
tulipまた、大和田二、三丁目地区土地区画整理事業特別会計では約3億7446万円が増額されました。29年度に予定していた事業の一部を前倒しして行うためです。

cherry平成29年度の一般会計予算は約499億4800万円で前年より約25億3700万円の増額です。
新庁舎建設が23億6000万円
志木駅南口地下自転車駐車場整備工事が約3億5223万円(今後3年間の総事業費が約20億6751万円)
大和田二、三丁目地区土地区画整理事業が約47億1712万円
新座駅北口土地区画整理事業が約9億372万円など、大型公共事業が目白押し。

『財政が大変』と言いながら、これほどの大型事業を同時にいくつも実施した年はないそうです。しっかりチェックしていることが大切です。

          
3月議会日程
.

2017年2月18日 (土)

第20回新座市教育シンポジウムに参加して

記念すべき20回めの教育シンポジウムのテーマは
 
『輝く未来へつなごう ふるさと新座の結びつき』
 
~次世代を担う子供たちのためのネットワーク、チームワークづくり~
 
Img_5391
 
小学校、中学校の代表の生徒による学校のじまん、特徴などの発表の後には、
跡見女子大学心理学科の学生による『ピアサポートの可能性』の発表。
日々の学校生活、活動をパワーポイントを使ってわかりやすく、堂々と
紹介してくれました。
 
そのあとのシンポジウムには、現役の小学校、中学校の子ども、親世代、祖父母世代と3世代のみなさんがシンポジストとして参加されていました。
 
祖父母時代、いわゆる『古き良き時代』。
毎日学校から帰ると外で遊んでいたこと。
遊ぶ道具もないから工夫しながら遊びを作っていたこと。
 
親世代の子ども時代、畑がたくさんあって、
アマガエルをたくさん見かけたり、外遊びをしていたこと。
 
対して現役子どもたちは遊ぶというより部活や塾で忙しいこと。
土日も休みがないことや、木登りしたら怒られたり、道路で遊んでも起こられるし。
代わりにスポーツクラブに通う子も多い・・・。
夜遊ぶと深夜徘徊になってしまう。
 
などなど話を聞くほど、今の子どもたちの置かれている環境がいかに窮屈で、忙しい日々を送っているのか、昔と今の違いがよくわかりました。
 
昔も今も、よいこと、よくないこと、それぞれあるし一概には言えませんが。
また、全国学力状況調査の結果で、『地域の行事に参加しているか』の項目で新座市の子どもたちは参加していると答える比率が全国、県内の平均よりも少ないことも紹介されていました。
 
今の社会状況から大人も子どもも参加しづらくなっているのは明らかですが、参加しやすくする工夫は何だろうなと考えました。
子ども弁論大会最優秀賞者の発表。
6年生のTさん。テーマは『幸せな未来へ』
相模原市のやまゆり園で起きた障がい者殺傷事件。
 
『僕は絶対に許すことができない』
 
その理由を、彼の言葉で語られていきます。
その思いがなぜ伝わるか。
それは彼が真剣に、真心を込めて伝えようとしているから。
自分の表情や、声や、言葉で一生懸命話すから。
 
『障がい者の持つ力がある。人を笑顔にする力、感動させる力、勇気づける力。僕たちにはない力がある』
 
彼の弁論を聴きながら、改めて。誰もが、一人ひとりが大切にされる社会。
そんな社会をつくろう。そのために声をあげていこう。
 
その「声」は、相手に伝わるように、心を込めて、自分の言葉にして。
子どもたちの持つエネルギーにたくさん元気をもらいました。
 
 
Img_5403
 
そのあとはアトラクション。
今日のためにたくさん、練習したんだなってことがわかるほど、圧巻でした。
子どもたちの未来を地域で守ろう。成長をみんなで見守っていこう。
会場はそんな思いであふれているようでした。
 
Img_5396

2017年2月17日 (金)

2/12 にいざ民報、事故のこと。

今朝は志木駅宣伝でした。小野大輔議員と一緒です。
なんとなく、チラシ(最新のにいざ民報)を受け取ってくれる方が増えているような・・・confident
 
 
朝の宣伝に出ると、自分の健康状態、精神状態が分かります。
今朝はなんだか、いつもより暖かく、一目散に駅に向かっていく人の波を感じながら、
 
思わず話しかけたくなるような気分でしたcoldsweats01分かりづらいかな。。
 
2/12のにいざ民報をご覧ください。
 
先日の新庁舎で起きた事故の詳細です。
新座市はこれから志木駅南口整備が始まります。事故はないのが当たり前だと思いますがそうではないんですね。
人ですから。ミスもしますから。でも、それをカバーできるような日頃からの細心の配慮がどれほど大事なのか思い知らされます。
何よりも人の命、安全の確保、最優先で進めてほしいと思います。
 
 
21日から始まる3月議会。私の質問は3月16日の1番目になりました。

«お花のある暮らし